鴨川納涼床

鴨川西岸 二条〜五条

鴨川納涼床

建仁寺 両足院

初夏の庭園特別公開

両足院

八坂神社

祇園祭2019

祇園祭

高台寺 七夕会

夜間特別拝観

高台寺

祇園祭 2019

お迎え提灯

お迎え提灯

祇園祭 2019

神輿洗

神輿洗

祇園祭2019前祭

鉾建て 山建て

鉾建て 山建て

祇園祭2019

長刀鉾稚児社参

長刀鉾稚児社参

祇園祭2019

神輿洗

神輿洗

令和元年5月1日(水)〜9月30日(月)

詳細・ご予約は

各店舗にてお問い合わせください。

江戸時代の大らかで粋な町衆文化をしっかりと受け継ぐ鴨川の床。 約90店が営業し、山々を借景とした水辺の風景と各店ならではのお料理とおもてなしが好評です。

令和元年5月29日(水)〜7月7日(日)

時間 : 10:00〜16:30(受付終了)

料金 : 拝観志納料 大人 600円

白砂と苔に青松が美しい唐門前庭、枯山水庭園の方丈前庭、 そして京都府指定名勝庭園の池泉廻遊式庭園があり、 初夏には池辺を彩る半夏生が見ごろを迎えます。

令和元年7月1日(月)〜7月31日(水)

●14日(日曜日)〜16日(火曜日)・・・宵山(前祭)

●17日(水曜日)・・・山鉾巡行(前祭)・神幸祭

●21日(日曜日)〜23日(火曜日)・・・宵山(後祭)

●24日(水曜日)・・・山鉾巡行(後祭)・還幸祭

祇園祭は八坂神社の神事です。1ヶ月間に渡り行われます。 平安時代に疫病退散を願った御霊会に始まりましたが、 時代の流れと共に豪華に真夏の熱い祭礼として東京の神田祭、 大阪の天神祭とともに日本三大祭の一つとして有名になりました。 また、岐阜の高山祭、埼玉の秩父夜祭とともに日本三大曳山祭りのひとつでもあります。

令和元年7月7日(日)〜7月8日(月)

時間 :17:00〜21:30(受付終了)

料金 :17時まで600円(掌美術館含む)
17時から500円(掌美術館無し)

全国から寄せられた多くの短冊は、 熱い思いに笹がしなるくらいいっぱいになります。 日没には境内がライトアップされ、七夕会もクライマックスを迎えます。

令和元年7月10日(水)

時間 : 16:30〜20:30

「神輿洗式」の神輿を迎えるため、万灯会有志が、 それぞれの提灯を立て行列を整え巡行します。 子供達の可愛い行列がたくさんあります。

令和元年7月10日(水)

時間 : 18:00頃〜20:30頃

神輿3基を舞殿に据えます。 その内一基(中御座)を担ぎ、列の前後を松明で照らし、 鴨川四条大橋の上まで行き、神輿を清める儀式を行ないます。 午後8時30分頃八坂神社に戻り、17日の神輿渡御にそなえ三基の神輿を飾り付けます。 またこの夕方より境内の吊提灯に火をいれます。

令和元年7月10日(水)〜7月14日(日)

時間 : 予定の時間
10日 7:00〜長刀・函谷・8:00〜鶏・月鉾・15:30〜菊水
11日 6:30〜放下・8:00〜船鉾・岩戸山

祇園祭の主役ともいえる鉾から山と「縄がらみ」で組み・建てられます。

令和元年7月13日(土)

時間 : 11:00〜

長刀鉾稚児が、立烏帽子水干姿で従者を従え騎馬にて八坂神社に詣でます。 以後稚児は、17日の巡行まで身を慎み、巡行時は長刀鉾正面に乗り、太平の舞を舞います。

令和元年7月28日(日)

時間 : 18:00〜

神輿3基を舞殿に据えます。その内一基(中御座)を担ぎ、 列の前後を松明で照らし、鴨川四条大橋の上まで行き、 神輿を清める儀式を行ないます。 午後8時30分頃八坂神社に戻り、神輿庫に収めます。